ストリートナンパ

【必見】ストリートナンパで結果がでる振り返り術

こんばんは!マサル(@masaru201910です。

1月、ストリートナンパを始めて出会いを見つけることができました。

その要因として大きかったのが、街に出た後の毎回振り返りをしていたからだと思います。

そこでこの記事ではマサル流のストリートナンパ振り返り術を紹介していきます。

その場でフィードバック

ストリートナンパのいい点として声かけした後に振り返ることができる。

極端な話一声かけするたびに振り返りもできる。

では実際に僕が何をやっていたかを紹介したい。

女の子の反応で推測する

ストリートナンパでは声かけした後に女の子から何かしらの反応が返ってくる

一番多いのはガンシカ。

無視されることだ。

でもその反応からも振り返りはできる。

例えば、声をかけてから早足になった場合を振り返ってみよう。

早足になる原因として何か相手に不快感を与えたことになる。

無視されるよくある原因は以下の通りだ。

  • 声が小さかった
  • 女の子との距離が近かった
  • そもそも女の子から認識されてない
  • 声かけは無視すると決めてある

もちろんそもそも無理なパターンも存在する。

ただ一回の声かけで自分なりに振り返ることはできる。

合流仲間に見てもらう

合流仲間に見てもらうのもいい振り返り方法だ。

自分目線だとどうしても自分本位な振り返りになりやすい

そこを実際に第三者から見てもらうことで、自分の実際の声かけをイメージしやすくなる。

自分では大きな声で話しかけているつもりでも側から見ると小さかったりする。

誰かと一緒にナンパする時は自分の声かけを見てもらうといいだろう。

また反対に合流仲間の声かけをみてフィードバックしてあげるのもいい振り返りになる。

合流仲間がうまくいかなかったことを自分も活かす意味でやってみるのがおすすめだ。

簡単な振り返りをツイートする

活動したのであれば活動記録を残すといい。

やはり苦しいことが多いこと活動において、自分を奮い立たせる意味もある。

実際に僕がやっていた活動記録は以下の通りだ。

  • 声かけ人数
  • オープン人数(会話できた人数)
  • 連れ出し数
  • LINEゲット数

「とりあえずやったぞ。」という記録は残る。

そこから一言自分の良かった点や改善点の総括をプラスでかけると尚いい。

その日の自分の活動総括を簡単にまとめるイメージだ。

またツイートをすると活動しているアカウントとして見られるため、合流もしてもらいやすくなる。

ツイートすることは振り返りやモチベーションにもつながるのでぜひやってみてほしい。

スプレッドシートで深く振り返る

ツイッターで1日の振り返りをするだけでもかなり頭に入る。

それだけでも十分なのだが。

さらに成長したいという方にオススメなのが、スプレッドシートにもっと深く振り返りこと。

「どれだけ振り返るねん。」

ってつっこまれそうだが、それだけ大事

その日の良かった点。改善点。気づいたことを書いていく。

正直言って、振り返りをまとめるものはなんだっていい。

僕は実際にスプレッドシートで振り返っていたのでそれを紹介しているが。

深く振り返るだけでも今の自分の状況が頭で整理される

そこから書き出した改善点から次の目標を設定する

そのサイクルを繰り返していけば、どんどん自分の弱点を克服し成長できるというわけだ。

ブログでエピソードを思い出しながら書く

思い出に残ったエピソードはブログでアウトプットする。

これは上級者向けだ。

いきなりやるのはやる気が削がれるのであまりオススメしない。

1日を深く振り返る習慣がついた頃にチャレンジしてみるといいだろう。

ブログでは自分が実際に体験して思ったこと感じたことを書いてみるとかなりいい振り返りになる。

特に感情が入ったエピソードを振り返るとその時の後悔や成功体験が思い起こされてこれまでの復習になる。

まとめ

この記事では実際に僕がやってきた振り返り術を紹介した。

一つ一つはかなり面倒くさいと感じる作業にはなる。

ただ振り返りをするだけで成長スピードは雲泥の差になる。

振り返りはナンパ以外にも仕事や恋愛などいろんなものに使える。

皆さんも自分がやりやすい振り返り方法を模索してみるのもいいだろう。

この記事が結果が出たない方の何かきっかけになれば幸いだ。