ストリートナンパ

【初心者必見】ナンパで合流をおすすめする5つの理由!

こんにちは!マサル(@masaru201910)です。

ナンパ初心者がいきなり街を歩く女性に声をかけるのは結構ハードル高いですよね?

私もナンパを始めようとしていた頃は5時間くらい散歩した日になったこともありました笑

始めは誰でも街に出てみると「やっぱり俺には無理だ」と感じてしまうものです。

だからこそはじめはナンパ経験のある人と一緒に声かけをして合流をします。

それ以外にも合流するメリットはたくさんあります。

そこで今回は僕自身がナンパ活動を通して感じた合流のメリット注意点を書いていきます。

ナンパで合流するメリット

地蔵しなくなる

地蔵とは街に出て声かけができない状態のことを指します。

一人で街に出て声かけする。

回数にもよりますが、必ずと言っていいほど無視されます。

無視された時にくる精神的なダメージが声かけするメンタルブロックになりやすいです。

そうなると始めは地蔵する原因になります。

しかし合流すると誰かが近くにいてメンタルブロックにかかりにくい。

だからこそ失敗してもすぐに合流仲間と会話することで、無視されたメンタルブレイクが回復します。

またお互いに励まし合えるので、活動時間が増えたり継続しやすくなります。

モチベーションアップにつながる

合流することでモチベーションアップにつながります。

特に始めた時に一人で街に出ていた人はわかると思います。

一人で街に出ていると苦行に感じることもありますよね?

しかし一人でやるより誰かとやる方が明らかにモチベーションが上がります

これは僕自身の体験談でもありますが。

やはり競争意識や目的のために努力する仲間がいるという意識が出るからでしょう。

特に合流仲間が結果を出すと負けたくないという気持ちになり、やる気が出ます。

さらに声かけする際に、気持ちが乗っているので成功率も上がります。

情報交換できる

合流することでいろんな情報交換もできます。

ストリートナンパでの経験からくる情報交換や実際に声かけしている姿から学べることもあります。

また地蔵トークをする中で、合流仲間がやっている自分磨きに耳を傾けるだけでもかなり勉強になります。

基本的にナンパ活動している人は向上心高く、自分の目標に向かって努力している人がほとんどです。

そんな人の話を聞くだけでもかなり刺激になることが多かったです。

またそんな会話をすると自然と仲良くなり「また合流しましょう」なんてことにもなるので、ナンパを始めたきっかけを聞いてみるのも面白いですよ!

しかし合流相手によってはひたすら声かけしたい人もいるので、これは相手に合わせてやることをおすすめします。

コンビができるようになる

コンビとは2人で女の子二人に声をかける行為です。

一人で街に出ているとコンビで声かけはできません。

特にナンパ初心者であれば「なにを話していいのか」がよくわからないためコンビで声かけしてみるといいです。

僕も始めはコンビでナンパをしている人のトークから学んでいました。

コンビをすると合流相手がなにを言っているのか、どのように話を盛り上げているのかがわかります。

たとえ会話に入れなくてもナンパのイメージを膨らませるためにはコンビナンパはかなり有効です。

コンビで学んだ経験を一人で声かけする時に活かせばいいだけなので初心者ほどおすすめです。

しかしあまりにもレベルが違い過ぎると合流してもらえなくなるので合流前に言っておくのがいいでしょう。

街に出る理由づけにできる

ナンパ初心者にとって最初は街に出ることも億劫になります。

しかし事前に合流申請することで自らナンパする環境を作ることができます。

始めた頃はいかに街に出て声かけできるかが鍵になります。

逃げたくなる自分に打ち勝つためにも合流をうまく使うといいでしょう。

やはり約束してしまうと人は行動に移しやすくなるので積極的に申請しましょう。

ナンパで合流する注意点

信頼できる相手を吟味しよう

やはりナンパ活動において相手がに誰によって自分の成長や努力の矛先が変わります。

また合流相手によって自分のモチベーションも変わるので合流相手は慎重に選ぶことをオススメします。

やはりナンパは場合によっては犯罪にも繋がりかねないので、信頼できる人と合流するのがいいでしょう。

匿名性が高い界隈なので、相手によってはトラブルに巻き込まれかねません。

そこでTwitterなどでつながる時は信用出来そうな人に申請するようにしましょう。

信用できるアカウントとして最低限の情報がわかるものにしましょう。

  • ナンパ歴や活動頻度
  • 活動場所
  • どういう目的で活動しているか

これは事前に自分でリサーチする必要があります。

アカウントのホームの紹介や日々のツイートなど。

人によってさじ加減は違いますが、相手のアカウントを事前に調べて合流申請するようにしましょう。

しかし相手も同じことを考えているため、自分自身も信頼できるアカウントにしましょう。

合流歓迎など書いておくと合流してもらいやすくなります!

目的が同じ人を選ぼう

合流する際に重要なのが同じ目的を持って活動しているかどうかです。

例えば、自分は地蔵を克服するために合流申請したいとします。

しかし合流相手の目的がコンビで連れ出したいのであれば、利害が一致せず合流してもお互いのやりたいことができません。

地蔵を克服するために合流するのであれば、お互いの利害が一致する人に絞って合流申請するといいです。

相手の利害がわからない場合は事前に自分の目的を言っておくといいでしょう。

「地蔵を克服するために合流してもらえませんか?」と申請理由を添えるだけでも合流後の対応が変わります。

最低限のルールは守って

これは合流してみて思ったことですが、マナーが無い人は二度と合流してもらえません。

やはり活動中に女の子と出会うと時間を守れないことはよくありますが、遅れるにしても遅れる連絡と謝罪は必ずするようにしましょう。

Twitterやクラスタ内でもマナーを守れないことで話が回ると活動すらしにくくなります。

特にDMでの上から目線での申請や横暴なツイートをしていると合流してもらいにくいです。

また匿名で活動しているので個人情報には特に気をつけるといいでしょう。

必要な情報として個人情報を聞くのはいいですが、最初は無闇に深掘りせずにある程度距離を保って付き合うのがおすすめです。

自分を守るためにも相手を守るためにもマナーを守って活動するようにしましょう。

おすすめ合流方法

Twitter

やはり一番合流しやすいのはTwitterです。

プロフィールなどで合流歓迎の人には迷わずDMを送ってみましょう。

しかし先ほどの注意点でも紹介しましたが、相手がどのような人なのかを事前に調べてから連絡すると良いでしょう。

自分自身も信用度の高いツイートやプロフィールにするとさらに合流してもらいやすいです。

あとは自分自身の活動を発信すると反対に合流申請が来るようになります。

実際に活動しているという事実はかなり信用できるポイントになります。

最初は辛いとは思いますが、たとえ地蔵しててもツイートするとよいでしょう。

掲示板

僕は使ったことはありませんが、掲示板もおすすめです。

掲示板になるともっと匿名性が高いのでリスクは考えた上で行動するといいでしょう。

書き込みをされやすくなるので個人情報等には特に注意したいですね。

しかし気軽な申請をしやすく合流しやすいです。

とにかく合流してみたいという方は利用してみるのもいいですね!

オンラインサロン

オンラインサロンも合流にはおすすめです。

オンラインサロンであれば初心者と合流してくれる人や合流発信をしている人がいます。

そういう意味ではTwitterよりも合流しやすいです。

また信頼性が高いサロンであれば安心して申請することができます。

僕の場合は初めての合流はオンラインサロンでした。

僕が初めて合流した記事はこちら。

しかしサロンは有料なものがあるためお金がかかります。

ただし有料であればそれだけ真剣に活動している人が多いのです。

有利サロンは活動している人も真面目な人が多いように感じました。

初心者でなにもわからない方はいろんな情報も知れるオンラインサロンを利用してみるのもいいでしょう!

ナンパ講習

ナンパ講習もおすすめです。

特に初心者の方は合流にすらハードルが高いと感じるものですよね。

そんな方は無料講習などで地蔵克服などをお願いしてみるのもいいでしょう。

しかし無料講習はタイミングによるので、Twitterで常に情報をとりにいくことをおすすめします。

有料の講習は人によっては当たり外れがあるので、いきなり申し込むのはあまりおすすめしません。

有料講習の単価は高いので、受ける際には事前に調べて申し込むのがよいでしょう。

そうはいっても、講習から同じ講習生同士で合流できたりするのでおすすめです!

リア友を誘う

最後は普段から仲のいい友達を誘ってみることです。

リア友であればそもそも仲がいいので楽しみながら合流できます。

しかし、結局のところ合流相手も初心者になるので結果が出にくいなんてこともあるかもしれません。

ただ楽しくナンパを始めたい方にはおすすめです。

まとめ

この記事ではナンパでの合流することのメリットについて解説してきました。

初めてやる時は誰でも不安になるものです。

だからこそ無理に一人で解決しようとしないのがいいでしょう。

一人が辛くなった時は合流に頼るのも一つの手です。

また前提として女の子に不快感を与えないように活動するように努めたいですね。

この記事がナンパ初心者の方の何かのきっかけになることを祈っています!