プロフィール

マサルとは?

非モテ低身長のリーマン恋愛プレイヤーです。

時折リーマン事情により活動停止に。笑

きっかけを作るブログ「opportunitys」という恋愛ブログを運営。

昨日の自分より優る(マサル)。

苦手なことから逃げる自分に勝る(マサル)。

そんな思いを持って日々モテるために努力する恋愛プレイヤー!

マサルが恋愛プレイヤーになるまで

ここでは僕の過去の非モテ時代から恋愛プレイヤーになるまでの過程を紹介したい。

圧倒的に自信を失った青春時代

マサル少年は至って普通の男の子だった。

どちらかというと明るく、わりと楽しい学生時代を送っていた。

一つの問題を除いては。

その問題とは自分に自信がなかった。

ひたすら自信がなかった。

低身長であるがゆえに。

学校という場所が、低身長には辛い環境を生み出す。

その問題は思春期になって気づくことになる。

身体も心も成長し始める中学生くらいの頃か。

身体が小さいこともありよくいじられるキャラだった。

割とガラスのハートだった僕はたわいもないイジリにも心に刺さる。

「今の行動かっこいいと思ってんだろ?」

「お前に言われるとムカつくんだよ」

少しでもいじりに対して反抗するとこんな返しをされるのはよくあった。

「他のやつもやってんじゃん」

「なんで俺だけこんな言われるんだ?」

そんな不満は抱きつつ、何も言われないように我慢していた。

そういった中で、自己表現する自信は奪われていった。

そこからは周りに合わせる人間になった。

自分の意志では何も決めれない「受け身人間」に。

そして自信のなさは恋愛関係にも大きな影響を与えた。

学生の時期は必然的に男女の変化にも意識が向く。

当然好きな子もできる。

ただ女の子に話しかけるだけでも緊張していた。

「マサルは身長があればねー」

当時、同級生だった女の子に言われた一言がトラウマになった。

心に響いた。

その一言がさらに恋愛に対するコンプレックスを生んだ。

「身長がないと恋愛対象にもならないんだ」

そこからは積極的に恋愛をしなくなった。

好きな子にアプローチしたくてどんなに行動に移そうとしても、「話がかけるだけでも迷惑かな?」って臆病になっていた。

結局、学生時代の頃は好きな子にアプローチすらできない男だった。

優しいが全てだと思ってた非モテ時代

大学生になり環境がガラッと変わった。

そこからはサークルやバイトを始めて新たに出会いができる。

思春期も終わり普通に女の子とも話はできる。

ただ周りの人から言われ慣れた言葉があった。

「マサルって本当いい人だよね」

「真面目だわ」

その当時は普通に褒め言葉として受け取っていた。

でも今となってはわかる。

「ただ恋愛対象外のレッテルを貼られた男」

僕の場合はひたすら周りに気を配って、嫌われないように振る舞っていた。

ひたすら聞き手になっていい人の振りをしていた。

自分に自信がなかったから。

それが人間関係をいいものに保つものだと思っていたから。

でも恋愛では彼女は出来ず、全くうまくいかなかった。

真面目に優しすぎる男性はただのいい人。

女の子の印象に何も残らない

それが教訓として残った。

自分磨きを始めた大学生時代

このままでは本当に彼女ができない。

それどころか真面目に恋愛すらできない。

その時にやっと自分の心に大きな爆弾があることに気づいた。

それはそもそも恋愛でモテることは悪だと思っていたこと。

やる前からどうせ自分にはできないと諦めていたことだ。

だからそんな自分を変えて、自信を持つために自分磨きを始めた。

自分磨きを始めたきっかけはこちら

そこから髪型、ファッション、モテる人の思考について学んだ。

また実際に出会いの場でたくさんの女の子と出会って恋愛経験を積んだ。

一通り活動して思ったことは、結局はルックスや性格ではない。

モテる奴がモテる。

本格的にモテる努力を始めた社会人時代〜

自分磨きを始めてからは普通の一般男性くらいは恋愛ができるようになった。

出会いの場に行けば連絡先くらいは簡単に交換できる。

普通にデートに誘って楽しむこともできる。

ただ違和感があった。

「理想の彼女が見つからない」

出会いの場に来る人は自分と同じように出会いに困っている女性。

本当にモテていたり、周りが羨ましく思うような女性はそんな場所にこない。

そんな女性と出会うために。

またそんな女性を落とせるくらい魅力的な男性になるためにモテるための努力を本気で始めた。

そして恋愛プレイヤーとして活動することになる。

ブログの発信理念

先ほども紹介したが、様々な経験や経緯があって僕は恋愛プレイヤーとなった。

しかし恋愛には悩みがつきもの

非モテ時代には非モテの時の悩みがある。

彼女ができれば彼女がいることの悩みが出る。

その時によっていろんな悩みが出てくる。

僕もここまで来るまでもいろいろ悩んだり、挫折したりした。

でもそれは僕だけではない。

読者の皆さんも同じことだ。

だからこそ僕自身の恋愛体験をブログで発信しひたすら成長したい

そしてブログで発信した恋愛経験を通じて、読者の皆さんの何かのきっかけになりたい。

同じ悩みや苦しみを共有し、恋愛の楽しさを発信できればと思いブログを更新していく。